サプリで健康な国を

政治に支えられたサプリ

トップ / 政治に支えられたサプリ

サプリで健康情報

サプリの効能を表示可能に

2013年6月、健康食品の機能性に関する表示が緩和されることが閣議決定されました。今までは、どのような症状に対しての効果があるのかは特定健康食品(通称トクホ)、または栄養機能食品だけが表示可能でした。この規制緩和により、サプも期待できる効果を表示することが出来るようになるそうです。とても便利ですね。これは、現在の日本の財政は高齢化等の影響で増大する医療費により圧迫されているという背景があります。その対策として、政府は国民にもっと栄養をサプリ等を積極的に使ってもらって病気を未然に防ぐことにより、この問題を軽減したいと考えています。消費者にとっても、購入時に効果が解りやすくなり便利になった反面、広告の程度が企業のモラルに任されていて、誇大広告等の危惧もされています。

サプリの規制緩和について

今日、さまざまなサプリメントが市場に出回っているが日本で販売されているものの大半は諸外国で販売されているものに比べて効果の強いものは少ないといわれている。また、効果効能について表示があいまいが非常に多い。アベノミクスの一環であるこれらの規制緩和によって効果効能に対する曖昧な表現が減る可能性があるがただし、血圧を下げるや血糖値を下げるなどといった薬事法に抵触しかねない表現が増えるという恐れもある。サプリメントの効能効果も調べて上で利用するのもセルフメディケーションの一環であると考えて自分自身の健康を保持するしかない。